ニュース

日本ユニシス・プレゼンツ 川畠成道クリスマス・コンサート 開催のご案内

概要

川畠成道クリスマスコンサートチラシ(別ウィンドウ, PDFで表示)

本年4月,日本ユニシス株式会社様が子会社として設立した「NULアクセシビリティ株式会社」に,本会会員5名が,ウェブアクセシビリティ検査技術者として,完全在宅雇用されました。

これがご縁となり,日本ユニシス株式会社様が,社会貢献の一環として,全国で開催している「川畠成道 クリスマス・コンサート」が,徳島県で開催されることになりました。

JCIは,協賛団体として,お手伝いをさせていただきます。

川畠成道氏は,視覚障害を負った幼少期にヴァイオリンと出会い,桐朋学園大学卒業後,英国王立音楽院へ留学。1997年,同院よりスペシャル・アーティスト・ステイタスの称号を授与され首席卒業。
社会派アーティストとして,積極的に国内外でのチャリティコンサートを行っておられます。

日本ユニシス株式会社様は,川畠氏の医療・福祉・教育部分野における活動に共感され,1998年のデビューから応援し続けています。

川畠成道氏の演奏を耳にした多くの方々は,彼にだけしか奏でることのできない,美しい音に惹かれるといいます。多数のご参加をお待ちしています。

日時

2018年12月16日(日曜日) 14時00分~16時00分(開場13時30分)

場所

とくぎんトモニプラザ (徳島県青少年センター)
〒770-0851 徳島市徳島町城内2番地1

入場料

無料

プログラム

  • グノー:アヴェ・マリア
  • シューベルト:アヴェ・マリア
  • カッチーニ:アヴェ・マリア
  • ピアソラ:アヴェ・マリア(タンティ・アンニ・プリマ)他

※曲目などに変更がある場合がございます。あらかじめご了承ください。

出演者

写真:川畠成道氏
川畠成道  バイオリン
視覚障害を負った幼少期にヴァイオリンと出会い音楽の勉強を始める。桐朋学園大学卒業後、英国王立音楽院へ留学。1997年、同院をスペシャル・アーティスト・ステイタスの称号を授与され首席卒業。翌年、東京・サントリーホールにおいて小林研一郎指揮、日本フィルとの共演でデビュー。
その後、英国と日本を拠点にソリストとして精力的な活動を展開し毎年数多くのリサイタルを行う。国内外の主要オーケストラとも多数共演。ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団、スロヴェニア国立マリボール歌劇場管弦楽団、ボローニャ歌劇場室内合奏団などにソリストとして迎えられ いずれも高い評価を得ている他、欧州最高のオーケストラのひとつであるキエフ国立フィルハーモニー交響楽団の日本ツアーのソリストとして成功を収めるなど着実な歩みを進めている。CDは、ファースト・セカンドアルバムがそれぞれ20万枚の記録的大ヒットとなり大きな話題を集めて以来、2018年のデビュー 20周年記念アルバム「J.S.BACH 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータBWV1001-1006」まで15枚をリリース。尚「ザ・ベスト」と「クライスラーを弾く」、「無伴奏の世界」は、「レコード芸術誌」で特選盤に選ばれている。デビュー当初より音楽活動の傍ら、積極的に国内外でチャリティコンサートを行う。中学音楽鑑賞教材や高校英語・現代文教科書、高校入試問題やNHKラジオ高校講座「現代文」に映像や文章が使用される等、社会派アーティストとしても多方面に影響を与えている。
2017年、文部科学省の「スペシャルサポート大使」に就任。

惠村友美子  ピアノ写真:惠村 友美子氏
三重県伊賀市出身。5歳よりピアノを始める。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学を卒業。2014年3月、領事館からの招待で、ロシアハバロフスクにて、第24回青少年国際芸術フェスティバル「アジア太平洋諸国地域の新しい名前 2014」にゲスト出演。2015年6月台湾(台南、高雄)にて文化交流コンサートに出演。これまでにピアノを兼重誓子、兼重直文、堀江孝子、沼田宏行、佐藤俊の各氏に師事。

主催

日本ユニシス株式会社

協賛

NULアクセシビリティ株式会社 (日本ユニシスグループ)
特定非営利活動法人 ジェイシーアイ・テレワーカーズ・ネットワーク

協力

川畠成道音楽事務所

お問い合わせ先

特定非営利活動法人 ジェイシーアイ・テレワーカーズ・ネットワーク 事務局
〒779-0303 鳴門市大麻町池谷字丸池29-3
電話:080-6382-5444 (平日9時~17時) FAX:088-683-5101
メール:jcinoko@gray.plala.or.jp

申込方法

こちらの申込みフォームからお申込みください。